一人で悩まず、是非ご相談を!

街の法律家 行政書士伊藤武彦事務所

遺言書の種類

遺言書の種類

①自筆証書遺言
公正証書遺言
③秘密証書遺言

種類自筆証書遺言    公正証書遺言   秘密証書遺言   
作成
方法
遺言者が
①遺言の全文
②日付
③氏名 を必ず自書し
④押印 する方法
(ワープロ・代筆不可)
証人2人の立ち会い
のもと公証役場にて
公証人が遺言者の
意思を文書ににして
作成する方法
遺言者が署名・押印
した遺言書を封筒に
入れ、同じ印で封印
し、自己の遺言書
あることを証明して
もらう方法
(ワープロ・代筆可
但し署名は必ず自書)
印鑑認印可
(実印と印鑑証明)
を用意しよう
遺言者は実印
証人は認印可
認印可
遺言書
の保管
遺言者が保管原本は公証役場保管
遺言者には正本と
謄本(コピー)が
交付される
遺言者が保管
裁判所
の検認
必要不要必要
特徴遺言書の内容・存在
を秘密にでき作成も
簡単
しかし
①変造や紛失の恐れが
ある
②相続発生時に遺言書
が見つからない恐れが
ある
③要件不備による無効
内容の曖昧さにより
紛争の恐れがある
①変造・紛失の恐れ
がない
②無効になる恐れも
なく最も安全な方法
③但し、若干の費用
がかかる
遺言書の内容・存在
を秘密にできる
しかし
①変造や紛失の恐れが
ある
②相続発生時に遺言書
が見つからない恐れが
ある
③要件不備による無効
内容の曖昧さにより
紛争の恐れがある
④若干の費用がかかる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional